ダイナミック
安理、横井裕前中国大使を特別顧問として招請
作者:北京市安理律师事务所 2021-02-04

安理は、ここに、横井裕・前日本駐中国特命全権大使に、当所の特別顧問としてご就任いただいたことをお知らせいたします。2021年2月1日、安理東京オフィス(虎門中央法律事務所との外国法共同事業)で調印式を執り行い、パートナーの殷宏亮弁護士が当所を代表して横井裕先生と正式に契約を交わし、虎門中央法律事務所主任の今井和男弁護士にご参列いただきました。


2.jpg

(:安理のパートナー殷宏亮弁護士、右:横井裕前日本駐中国大使)


横井裕先生は、前日本駐中国特命全権大使であり、1979年の外務省入省以降、研修を含めて計6回、のべ14年にわたって中国に駐在されました。横井先生は、外務省アジア局中国課長、在アメリカ日本大使館公使など複数国の公使、外務報道官などの要職を歴任され、2016年に駐中国特命全権大使に任命されました。在任中は、日中間の経済貿易協力、法執行協力を積極的に推進し、日中関係の改善と発展に多大なる貢献を行われました。2020年12月ご退官時、当所の特別顧問就任の要請に快くご同意いただきました。これより共に日中経済貿易の発展促進のため努力してまいります。


3.jpg

(:安理のパートナー殷宏亮、中央:虎門中央法律事務所主任今井和男、右:横井裕前日本駐中大使)


安理法律事務所は、ハイエンドの商事法務に特化した総合法律事務所として、長年にわたり渉外リーガルサービス市場で活躍してきました。とりわけ安理日本事業部は、日中間の業務に20年近く携わり、日中間のM&A、紛争解決、知的財産権、労働法などの各分野で豊富な経験と実績を積み、多くの有名な日本の上場企業を顧客としています。


安理東京オフィスは、日本国法務省法務大臣の許可を得て、日本の有名な虎門中央法律事務所と共同設立した外国法共同事業であり、日本において日本法と中国法のリーガルサービスを同時に提供する資質を備え、オールラウンドかつプロフェッショナルなリーガルサービスを提供しています。


2016年、日本事業部の弁護士チームが中国企業の対日投資をサポートするため、『投資日本実務指南』を上梓しました。この時、横井先生から序文を寄せていただき、大いにご推薦いただきました。安理は横井特別顧問と協力して、より良い渉外リーガルサービスを提供し、日中間の経済発展促進に我々の力を貢献するよう共に努力してまいります。

連絡先

北京

朝陽区東三環中路5号財富金融中心35-36階

電話番号: +021 6289 8808

上海

上海市長寧区婁山関路55号新虹橋ビル3階

電話番号:+021 6289 8808

深圳
深圳市福田区金田路4208号栄超経貿中心1412
電話番号:+86 755 2389 5836

天津
天津市南開区鞍山西道万科時代中心1棟16階
電話番号:+86 22 8756 0066

南京
南京市江寧区芝蘭路18号4棟1209室
電話番号:+86 25 8370 8988

鄭州
鄭州市鄭東新区緑地中心北塔42棟4205室
電話番号:+86 0371 8895 8789

フフホト
フフホト市賽罕区緑地騰飛大厦F座2223-2227室

電話番号:+86 189 4718 7089

こんめい

雲南省昆明市盤竜区恒隆広場11階1106室

電話番号:+0871 6330 6330

西安

陕西省西安市高新区緑地中心b棟41f

電話番号:+86 029 6827 3708

海口

海南省海口市企茂中路1号半山花園暁峰閣6階768房

電話番号:+86 10 8587 9199

東京

東京都港区虎ノ門一丁目1番18号ヒューリック虎ノ門ビル

電話番号:+81 3 3591 3796

  • ホーム
  • 電話
  • 上に戻る