ダイナミック
安理、宮本雄二元日本駐中国大使を特別顧問として招請
作者:北京市安理律师事务所 2021-02-05

2021年2月1日、安理律師事務所東京オフィス(日本虎門中央法律事務所との外国法共同事業)は、宮本アジア研究所と東京で調印式を執り行い、同研究所の創立者であり、元日本駐中国大使であられる宮本雄二先生を特別顧問として引き続き招請し、安理パートナーの殷宏亮弁護士が当所を代表して宮本先生と正式に契約を交わしました。


1.jpg

(:安理のパートナー殷宏亮弁護士、右:宮本雄二元中国大使。撮影場所は宮本アジア研究所)


宮本先生は、著名な「チャイナスクール」出身の外交官であり、2006年から日本駐中国特命全権大使を務められました。1969年に外務省に入省され、日中外交の第一線で40年以上活躍され、日中両国で高い評価を受けておられます。宮本先生は2010年に中国大使を退官された後も、日中両国の交流強化に注力し、両国の共同発展に尽力され続けています。同年2月から日本外務省顧問に就任、翌年7月に宮本アジア研究所を設立し、その後10年間、中国に関する論文の執筆、発表、セミナーなどの社会活動を数多く実施され、日中間の意思疎通と協力強化を働きかけてこられました。長年にわたって日中間の政府、経済界で活躍された結果、宮本先生はそのいずれにおいても重要な地位と大きな影響力を持たれるようになりました。


安理法律事務所は2001年の創設以来、ハイエンドの商事法務に注力し、渉外法務を大いに発展させており、とりわけ日本事業務部の弁護士チームは90%のパートナーが日本の名門大学を卒業し、または日本の著名な法律事務所での勤務経験を有しています。安理日本事業部は20年に及ぶ弛まぬ発展を経て、北京、上海、東京の三地一体化サービスモデルを構築し、多くの日中・多国籍企業にオールラウンドなリーガルサービスを提供しております。我々は、宮本特別顧問のご支援を頼りに、安理が今後ますます中国企業の「走出去」、外国企業の「走進来」の発展に貢献させていただくことができるものと確信しております。

連絡先

北京

朝陽区東三環中路5号財富金融中心35-36階

電話番号: +021 6289 8808

上海

上海市長寧区婁山関路55号新虹橋ビル3階

電話番号:+021 6289 8808

深圳
深圳市福田区金田路4208号栄超経貿中心1412
電話番号:+86 755 2389 5836

天津
天津市南開区鞍山西道万科時代中心1棟16階
電話番号:+86 22 8756 0066

南京
南京市江寧区芝蘭路18号4棟1209室
電話番号:+86 25 8370 8988

鄭州
鄭州市鄭東新区緑地中心北塔42棟4205室
電話番号:+86 0371 8895 8789

フフホト
フフホト市賽罕区緑地騰飛大厦F座2223-2227室

電話番号:+86 189 4718 7089

こんめい

雲南省昆明市盤竜区恒隆広場11階1106室

電話番号:+0871 6330 6330

西安

陕西省西安市高新区緑地中心b棟41f

電話番号:+86 029 6827 3708

海口

海南省海口市企茂中路1号半山花園暁峰閣6階768房

電話番号:+86 10 8587 9199

東京

東京都港区虎ノ門一丁目1番18号ヒューリック虎ノ門ビル

電話番号:+81 3 3591 3796

  • ホーム
  • 電話
  • 上に戻る